‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

安価でムダ毛処理できる

2014/10/02

猫05

 

ムダ毛処理はエステサロンのようにお金をかけるとかなりきれいに処理することもでき、毛の量も確実に減らすこともできます。
とはいえ、こうした脱毛は誰もが気軽に利用できるというわけではありません。
そこで注目されているのがより安価でできる処理方法です。

特に安く行える方法としては脱毛クリームが有効です。
脱毛クリームは種類も実に多く価格には差がありますが、安いものだと1回数百円程度でムダ毛を処理することができます。

安く脱毛ができるだけではなく、痛みもありませんし、短時間で広範囲の処理ができます。
クリームによっても違いがありますが、塗布後10分~15分程度待ち、あとは洗い流すだけでムダ毛はきれいに処理できます。
毛根は残っていますが、ワックスのように抜く必要はありませんので、痛みに弱い方にも安心です。
急いで脱毛する必要がある場合もすぐに準備ができるのも便利と言えます。

そして、カミソリのように肌を傷めず、肌に優しい脱毛を行うことができます。
それから、脱毛クリームは手軽に入手できるのも便利と言えます。
スーパーやドラッグストアでも販売されていますので、他の買い物のついでに購入できますし通販でも良質な商品が販売されています。

すぐに脱毛できる

2014/10/02

脱毛クリームはムダ毛のタンパク質を溶かす成分を含んだ溶剤が主成分で、肌に塗布した後数分放置した後水かお湯で洗い流します。自宅でもできる手軽さと共に、即日効果が実感できるのが利点です。毛根から抜け落ちるわけではありませんが、毛穴の中まで溶かすので埋没毛などが残らずなめらかな肌に仕上がるうえ、シェービング後のようなちくちくする不快感もありません。脱毛エステと比較すると料金が安くすみ、広範囲に伸ばしやすいので処理時間が短く、痛みを感じる事もありません。脱毛クリームの溶剤の強さは商品によって異なり、性別や部位、肌質などによって分かれている場合が多く、顔や女性用のものは保湿などの美容成分が配合されており、脱毛だけでなくケアまでワンステップですむものもあります。豆乳やパイナップルなど毛の再生を阻害する成分が含まれているものは、持続期間が長く、生えてくる毛が細く目立たなくなります。目で見てわかる即効性の他に背中など自分では見えない場所も処理しやすいのもメリットのひとつです。皮膚が特に敏感な部位は避けるか事前にパッチテストを行い、短時間のうちに同じ場所に重ねて塗布をすると肌に負担がかかりすぎるので日をおきます。猫04

脱毛クリームの長所

2014/10/02

脱毛クリームの長所ですが、主に2点あります。

まず一つ目の長所ですが、自宅で簡単に一人でも塗布できるという点です。
脱毛エステサロンに通おうと思ったら、予約しないといけませんし、指定された時間にしっかりと行かないといけないという時間的制約と誰かに見られるという恥ずかしい思いをしなければなりません。
その点、クリームを塗るだけで時間も好きな時に好きなように塗れますので自由です。
また、自宅でも使える脱毛器がありますが、脱毛器を使うこと自体が怖いという人もいますし、カミソリよりも絶対にクリームの方が安全でしょう。

二つ目の長所ですが、値段が安い所です。???? Vol.124 ????????
脱毛エステサロンに通うにしても脱毛器を購入するにしても費用が高く、ランニングコストを比べても高いです。
数千円で購入出来ますので、お試しに買ってみる事も可能で色々な物が試せるのも嬉しいでしょう。

昔から成分が悪いものが配合されていて、肌に悪いというデメリットがありましたが、最近のものの場合は、しっかりと考えられて作られていますので、安全面もアップしていますので、利用されている方は多いです。

効果が不透明や一時的と言われるデメリットもありますが、簡単にできる点と安いという点は、とても強いメリットと言えます。

スポンジで除毛する際はとにかく優しく

2014/10/02

???? Vol.124 ????????脱毛をする方法はたくさんありますが、スポンジをつかって除毛をする方法があります。これは市販で売られている脱毛スポンジというものを使って毛をとりのぞきます。これはスポンジを毛の生えている肌に擦って毛を取り除くというものです。特別な成分を使っているわけでなく製品に毛がからまって根元から、もしくは表面から切れて脱毛をするという製品です。この脱毛グッズは毛の部分に擦るだけでとても簡単なのですが、あまり力を入れて擦りすぎてしまうと肌をいためるトラブルのもとになりますので、仮になかなか毛がとれなくても時間をかけてやさしく取り扱い、根気よくおこないましょう。正しく扱えばカミソリと比べて肌の負担は低くなりますがその分時間がかかります。そして商品自体が他の脱毛グッズ比べて安く売ってるので、手ごろで入手しやすいです。なので手持ちのお金が少なくて化学薬品を使わずにできるだけ肌にやさしく毛の処理をしたい方はおすすめです。毛が薄い方はこのグッズで大きな効果が得られる可能性がありますので、試してみる価値があると思います。使用後は肌トラブルを防ぐためにも冷たいタオルなどで、使用した箇所を冷やしてあげると良いでしょう。

肌の弱い人は敏感肌用を使用

2014/10/02

脱毛クリームは、ドラッグストアーなどでも簡単に手に入りますので、誰でも買いやすく、家で手軽に脱毛ができるので人気がります。クリームを脱毛したい箇所に塗って数分待つと、ムダ毛を根元から取り除いてくれます。あとは水で軽く流せば、つるつるの肌になることができます。
しかし、薬剤を塗って肌を数分放置しておかなければならないので、肌が弱い人にとっては、その時間に肌がピリピリ感じてきてしまったり、水で流してみたら、肌がただれたようになってしまうこともあります。また、脱毛クリームを使った時点では気づかなくても、敏感肌だと、肌が刺激によわくなっていますから、じつは肌がダメージをうけていて、以前より乾燥しやすくなったり、より刺激を受けやすくなっていたりします。
しかし、肌が敏感だからと言って、脱毛クリームをあきらめなければならないかというとけっしてそうではありません。敏感肌の人たちもしっかりと脱毛をしていただけるように、敏感肌用のクリームもあるのです。敏感肌の人は、こういうタイプのクリームを選ぶことで、肌への刺激を最小限にしつつ、ムダ毛を除去していくことが可能です。しかし、あくまでも様子を見ながら、慎重に使うようにしましょう。

???? Vol.124 ????????

脱毛クリームの方法

2014/10/02

お風呂でお手軽に毛を無くせる脱毛クリーム。その方法はどうなのでしょうか。
代表的なクリームの使い方は、脱毛したい部分に塗って3分ほど待ち、専用のスポンジで取り除くだけです。クリームは水では流れにくい性質なので、待ち時間にシャワーを浴びたりシャンプーをしても大丈夫です。脱毛できるムダ毛は体毛です。足や腕の毛など薄くて細いムダ毛も、ワキ毛や陰毛など濃くて太いムダ毛も処理できます。ただ、顔の産毛については対象部位には含まれていません。顔の産毛が気になる人は、カミソリやシェーバーで剃ったほうが良いでしょう。犬14
なぜ、クリームを塗ってこするだけでムダ毛を無くせるのか。クリームには毛を溶かす有効成分(チオグリコール酸 )が含まれてます。この成分はタンパク質を溶かす働きがあるので、タンパク質でできた毛がなくなるのです。ただ、お肌もタンパク質でできているので、肌の表面が少し溶けてしまいます。でも普通の人の肌なら、この程度のダメージでは肌荒れすることはありません。敏感肌の人は、気をつけた方が良いです。配合成分が少し違ってお肌に優しい敏感肌用のクリームもあるので、そちらを選ぶと良いでしょう。
脱毛できるクリームは、女性だけでなく男性にも人気があります。ドラッグストアなどで500円程度で売っているので、一度試してみてはいかがでしょう。

肌への負担が大きい

2014/10/02

犬13脱毛クリームの欠点として挙げられるのが、肌への負担がどうしても大きくなってしまう所でしょう。
何故、負担が大きくなってしまうかと言いますと、毛を溶かす薬剤が配合されているため、どうしても悪くなってしまいます。

主に毛はケラチンというタンパク質から出来ているのですが、タンパク質を溶かすという事は、もちろん角質にもダメージを与えていて、皮膚への刺激になっています。
ですから、強力な脱毛クリームになるほど、刺激が強く、あまり長期間使いたいものではないのです。

脱毛クリームを使用して、綺麗になったと思っても、単純に皮膚表面が溶かされていて、大事な部分にもダメージを与えている状態ですから、綺麗だからといって使い続けるのは厳禁であり、毛はまた定期的に生えてきますから、考えて使用しなければなりません。

本当は脱毛エステサロンに通って、脱毛してしまえば良いのですが、それが難しい場合は、脱毛クリームの成分をしっかりみてから購入して下さい。
成分が優しく、あまり刺激を与えないように考えられた脱毛クリームが販売されていますので、そのような商品を選んで下さい。
それでも負担がありますので、毎日塗布するのではなく、加減をしながら考えて使いましょう。

パッチテストを行わないと赤みが出ることも

2014/10/02

自宅で無駄毛を処理する方法の1つに、脱毛クリームの使用が挙げられます。

脱毛クリームには無駄毛を溶かす成分が含まれており、無駄毛を根本から処理する事が可能です。
クリームを無駄毛が気になる部分に塗るだけの、簡単な方法なので、カミソリでの除毛のように皮膚を間違って切ってしまうという心配もありません。

ただ、脱毛クリームを使うにあたって注意したいのが、パッチテストです。
無駄毛を溶かす成分は、タンパク質を溶かす作用があるものとなっています。
皮膚もタンパク質で作られている為、場合によってはクリーム刺激により、肌トラブルが起こってしまいかねないのです。

脱毛クリームによる肌トラブルで多いのが、皮膚の赤みとなっています。
ただ、赤くなるのではなく、その後に色素沈着に変化し、シミのようになってしまう場合もあるので、注意が必要なのです。

脱毛クリームで除毛を行う際は、赤みなどの肌トラブルを避ける為に、必ずテストを行いましょう。
また、1度使用して何も問題が無かった脱毛クリームであっても、体調などにより、刺激を感じる事もあるようです。

ですので、以前使用して問題が無かった脱毛クリームも、使用する度に必ず肌に塗り、テストする事が大切です。犬12

脱毛クリームの短所

2014/09/17

自宅で無駄毛を手軽に処理したいという方に、選ばれているのが脱毛クリームです。

クリームによる自己処理は、無駄毛が気になる個所にクリームを塗るだけの簡単な方法なので、カミソリでの処理で皮膚を切ってしまわないか心配という方にも向いています。

ただ、手軽な自己処理法であるものの、短所もあるので、その点は注意しましょう。
クリームによる無駄毛処理のデメリットとして、まず挙げられるのが肌への負担です。犬11

クリームには無駄毛の主成分である、タンパク質を溶かす成分が含まれています。
無駄毛を根本から溶かす事で、処理するのですが、皮膚もタンパク質で作られているので、肌表面を溶かしてしまう場合があるのです。

皮膚表面が溶けてしまう事で、赤みなどのトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。
肌への負担が大きい事から、顔やデリケートゾーンへの使用を、禁止しているクリームも多いようです。

また、皮膚表面に出ている無駄毛を除毛するだけの効果なので、数日も経てばすぐに無駄毛が伸びてきてしまいます。
効果の持続性が短いという点も、デメリットと言えるでしょう。

無駄毛を処理できるクリームは、特に肌への負担が大きいという事を知り、使う事が大切です。